menu

コールセンター代行・委託業者の選び方

成果を上げるために必要な教育・研修

成果を上げるために必要な教育・研修

コールセンター代行業者で活躍するオペレーターは、即戦力となるスキルと豊富な経験があるため、大きな成果をスピーディーに挙げられるとして多くの企業が代行業者を利用しているのです。

しかし最初から優れたスキルと質の高いトークが出来るというわけではなく、充実した研修プログラムと徹底した指導、丁寧なメンタル管理によって、保持することができるのです。

つまり業績アップや戦略的な活用をコールセンターオペレーターに求める場合、様々な研修プログラムを実施し、モチベーション維持のためのメンタル管理にも気を配らなければならないのです。

今後自社でコールセンター運営を検討し、オペレーターを育てる場合は、以下のことに注意するといいでしょう。

様々な研修、トレーニングについて

コールセンターで働くオペレーターのスキルアップを可能とするためには、まずコミュニケーションに関する基本的な研修を実施する必要があるでしょう。

コールセンター業務に関する基本的な知識や目的、オペレーターという業務の目的や立場、などあらゆる基本知識を習得しなければなりません。

そのためには、コールセンター業務に詳しい指導者を雇う、もしくは外部の研修プログラムを利用し、オペレーターを教育する環境を整えましょう。

自社でコールセンターを運営する場合には、オペレーターの人数によって基礎研修にかかる費用は意外とかかりますが、これは避けて通れないことなのです。

これらのコスト削減を求める場合には、コールセンター代行業者を利用する事ができます。

インバウンド・アウトバウンドに対応できるオペレーター教育

コールセンターには、2通りの業務があります。

それは客から電話を受けるインバウンド、企業側が積極的にコールするアウトバウンドとなります。

一般的なコールセンターで行われる教育などは、話す事がメインとなりがちですが、聞くというトレーニングも必要です。

このトレーニングを繰り返し実施することで、どの業務に適応してるかを把握できるでしょう。

特にアウトバウンド業務は、優れたトークスキルが要求されますので、かなりの時間研修やトレーニングが必要不可欠です。

さらに取り扱う商品の知識を熟知しなければいけなせんので、商品数が多くなればなるほどメンタル面の挫折を招きやすいといわれています。

本質的な成果をあげるためには

企業と顧客を結び、長く良好な関係を持続させ、取引の拡大を求めつづけるには、企業はアウトバウンドを重要視し、活用しています

その為アウトバウンド業務に対応できるオペレーターの教育やトレーニングには、多大な時間をかけても良いのではないでしょうか。

優れた話術でもって一度は顧客の購買意欲を掴めたのに、真の取引に繋がらなければアウトバウンド業務としては失敗です。

本質的な成果を安定して上げるためには、客が企業に何をもとめているのかを深く理解し、それを納得させなければならなのですが、それは簡単なことではないでしょう。

自社で即戦力となるオペレーターを育て上げるためには、研修やトレーニングにかける時間を費用を惜しんではいけないのです。

▼コールセンター代行をお探しならこちら▼

『テレマーケティング一括.jp』では、日本全国にある「コールセンター代行会社(テレマーケティング代行会社)」の見積比較が一括で行えるサイトです。

「どこのコールセンター代行会社に頼めば良いのか?」
「出来るだけ費用を抑えたい!」
「どんな流れで、どんな質のコールセンターが出来るのか?」
など、気になるのであれば一度確認してみてください。複数の業者を比較することでその後の検討もしやすくなります。

もちろん一括見積は無料ですので、先ずはお問い合わせください。

関連記事