menu

コールセンター代行・委託業者の選び方

自前と外注化の違い

コスト削減に優れたコールセンターアウト・ソーシング

コスト削減効果、これがなんといってもコールセンターのアウト・ソーシングで得られるメリットです。

ほとんどの企業や個人事業者の方がアウト・ソーシングの理由にあげているのではないでしょうか。

様々な設備を設置し、人材の雇用、スキルアップの為の勉強、研修会、コールセンター全体の統括を行う管理者育成など様々な面でのコスト削減が実現できます。

しかし現在注目されているコールセンター業務のアウト・ソーシングのメリットはコスト削減だけではありません。

コールセンターの運営について色々と検討している、何をどう準備したらいのかまったく分からない、コスト削減以外にもどのような効果があるのかわからないという方は、今一度コールセンターのアウト・ソーシングで得られるメリットを整理してみるといいでしょう。

自社自前のコールセンター設置をした場合

大手企業の場合、外部に情報やノウハウが移り、自社に蓄積されないという不安から自社自前のコールセンター運営を行う場合もあります。

実際に自社でコールセンターを抱えるとなると、相当の資金力が求められます

システムベンダーと打ち合わせをしたら、あまりにも高い見積もり額に、費用対効果に不安がという声も少なくありません。

万が一設備を整え、軌道に乗せられないという事態になったらと考えると不安でしょうがないでしょう。

ビジネスを新しく始めるには、これは避けて通れない問題や不安ではありますが、とりあえず運営してみようというやり方では、高い確立で失敗することでしょう。

なぜならコールセンターというのは、企業の最も最前線で顧客と接する場所であって、企業そのものの印象を決定づける部署なのです。

つまりオペレーターの対応一つで、企業の印象を一気にダウンさせてしまう危険性も秘めているのです。

それでも自社自前のコールセンターを設置する場合には、まず人材の雇用、スキルアップのための勉強会や研修の徹底、多様化する時代に沿った最新の設備を完備し業務を行えるよう細心の注意を払うようにしましょう。

コールセンターをアウト・ソーシングした場合

一方コールセンターをアウト・ソーシングした場合には、設備や人材の確保、研修や勉強会にかかる時間や費用のすべてを削減できます

さらにすでにコールセンターのオペレーターとして豊富な経験を重ね、スキルアップしたスタッフが対応しますので、即戦力としての活用が可能なのです。

万が一コールセンター業務を自社自前で運営する方針に切り替わった場合でも、これまでアウト・ソーシングで得られた様々な情報を生かしつつ、設備や人材育成に経験を活かす事が出来るのです。

いずれにせよ、自社自前でコールセンターをいきなり運営するよりは、まずアウト・ソーシングでどのような効果が得られるのかを実感してみるのも一つの方法なのかもしれません。

▼コールセンター代行をお探しならこちら▼

『テレマーケティング一括.jp』では、日本全国にある「コールセンター代行会社(テレマーケティング代行会社)」の見積比較が一括で行えるサイトです。

「どこのコールセンター代行会社に頼めば良いのか?」
「出来るだけ費用を抑えたい!」
「どんな流れで、どんな質のコールセンターが出来るのか?」
など、気になるのであれば一度確認してみてください。複数の業者を比較することでその後の検討もしやすくなります。

もちろん一括見積は無料ですので、先ずはお問い合わせください。

関連記事