menu

コールセンター代行・委託業者の選び方

コールセンター代行業者とは

コールセンター代行業者とは

コールセンター代行業者とは、電話での問合せ受付業務を代行することをいいます。

今後代行業者を利用して、コールセンターを導入する場合、どのような項目を確認し、どのタイミングで導入したらいいのか考えてみましょう。

自社の入電内容や対応状況を確認しよう

現在自社に、1日どのくらいの件数の問い合わせがあるのか把握してますか?
さらにその内容はどういったものでしょうか。

例えば、商品仕様の確認、注文数や注文の変更、キャンセルや発送に関する問い合わせが多いのか、それとも不良品に対する苦情や発送に関するクレームなど、日々入電する問い合わせの内容を整理してみるといいでしょう。

内容が確認できたら、1件あたりの対応時間や月間の入電件数を数字化する必要があります。

コールセンター代行業者を利用する前には、まず自社の今のコールセンター業務状況を確認しどのような目的で外注化したらいいのか考えてみましょう。

コールセンター業務を理解しよう

自社の状況を把握し、整理した今後はコールセンターの業務内容を詳しく理解しましょう。
コールセンターの業務には、客からの問い合わせに対応するインバウンドと、企業側から積極的にコールをするアウトバウンドがあります。

入電中心のコールセンター業務を導入したい場合には、インバウンドを得意としている代行業者を見つける必要があります。

逆にアウトバウンドコールだけは、プロの技術力を取り入れ、即戦力として活用したい場合には、アウトバウンドコールを得意としている代行業者を探しましょう。

一般的に大手のコールセンター代行業者は、インバウンドコールを専門としているケースがありますので、アウトバウンドによる効果を期待してる場合には、当然想定していた効果が得られないといった例もあります。

それぞれの目的にマッチした代行業者を利用しましょう。

プラス・アルファの利用価値について

従来のコールセンター代行業者とは異なり、近年ではITを駆使したコールセンター業務を行っているところも多くなっています。

メールやソーシャルメディア等を電話と融合させることにより、あらゆる手段で顧客と企業を結びつけることを可能としています。

コミュニケーション手段が広がるということは、あらゆる角度から得られる顧客の生の声を蓄積、それを分析しデータ化することで、新規の商品開発、販売に関する営業手法など経営戦略として活用できるのです。

コールセンター代行業者を効果的に利用したい場合には、自社の状況を把握し、目的にマッチした業者選びが重要なのです。

▼コールセンター代行をお探しならこちら▼

『テレマーケティング一括.jp』では、日本全国にある「コールセンター代行会社(テレマーケティング代行会社)」の見積比較が一括で行えるサイトです。

「どこのコールセンター代行会社に頼めば良いのか?」
「出来るだけ費用を抑えたい!」
「どんな流れで、どんな質のコールセンターが出来るのか?」
など、気になるのであれば一度確認してみてください。複数の業者を比較することでその後の検討もしやすくなります。

もちろん一括見積は無料ですので、先ずはお問い合わせください。

関連記事